ものを整理整頓する7つのメリット

部屋が片付くことで得られるメリットは、

整理整頓という言葉から何となくイメージできるものから、

意外なメリットまでさまざま。ここからは、整理整頓のメリットを7つ紹介していきます。

1.気持ちがスッキリする

多くの方が効果を実感したことがあるでしょう。

整理整頓には家だけでなく気持ちもスッキリするというメリットがあります。

整理整頓の心理的効果については専門家によるさまざまな著書でも言及され、

心の状態がその方の家の状態と結びついていることが指摘されています。

不要なものが溜まり家のスペースを圧迫しているとき、

人は無意識のうちにストレスを感じています。

不用品を思い切って処分することで、心のデトックス効果が期待できるのです。

心をリセットしたいとき、

気持ちをスッキリとリフレッシュさせたいときに、

整理整頓はぜひともおすすめしたい方法です。

2.時間に余裕ができる

整理整頓をすることで時間に余裕ができるのもメリットの1つです。

「どこかにしまったはずなのに、

必要なものが見当たらない」という経験が

ある方もいらっしゃるでしょう。

急いでいるときや忙しいときは特に、

このような状況に陥ることは避けたいものです。

整理整頓で余計なものを減らし、

部屋を片付ければ、必要なものをすぐに手に取ることができます。

また持ちものが減ることで使う際に選ぶ手間や時間をカットすることも可能です。

ささいなことに思えるかもしれませんが、

ものを探す時間は日々の生活の中で意外と手間になるもの。

気持ち良く生活するためにも整理整頓は定期的に行いましょう。

3.無駄遣いが減り節約につながる

意外な点ですが、整理整頓をすることで無駄遣いを減らす効果も期待できます。

不要品を捨てていくとき、

思ったほど使わずしまいこんでいたものが出てくるケースも少なくありません。

整理整頓の過程で自分にとって何が必要なものか、

買ってもそれほど使わないものは何かといったことがわかるため、

余計な買いものを避けられるようになるのです。

また、整理整頓では自分の持ちものをしっかりと把握することができるので、

既に持っているものを買ってしまったり、

誤って類似品を買ってしまったりと無駄な買いものを防ぐこともできます。

4.家が片付き掃除が楽になる

整理整頓によって、

家がスッキリと片付き掃除が楽になるのもメリットとして挙げられます。

持ちものを減らして収納のスペースを空ければ、

床や家具の上に置いていたものをしまうことができ、

掃除が格段に楽になります。

また、ものが減ることで家が散らかりにくくなるでしょう。

掃除にかかる手間や時間が減ることでハードルが下がり、

こまめに掃除が行えるのもポイント。

家をきれいに保ちやすくなります。

5.ものの価値がわかるようになる

整理整頓は、

自分が購入したものを振り返り反省する良い機会にもなります。

必要だと思って買ったけれど案外使わなかったものや、

思ったより使いづらくしまいこんでしまったもの、

使わない上に場所を取ってしまっているものなどを思い返しながら

整理すれば、次の買いものの際に生かすことができます。

自分のライフスタイルや価値観を知り、

本当に必要なもの、価値を感じるものを見る目を養うために、

整理整頓は有効な方法といえるでしょう。

6.決断力が身に付き仕事のモチベーションが上がる

整理整頓には決断力が身に付く、

仕事のモチベーションが向上するといった効果も期待できます。

先述の通り、整理整頓の「整理」は、

持ちものの要・不要を決定し不用品を処分する作業。

自分にとって本当に必要なものかどうかを考え、

手元に残すか捨てるか決める過程で、

判断力や決断力のトレーニングになります。

判断力や決断力は仕事においても重要な力です。

整理整頓といった生活の一場面で訓練を積んでおくことは仕事にも役立ちます。

また、先述の通り整理整頓によって身の回りがスッキリと片付くことで

心もリフレッシュされるため、

仕事へのモチベーション向上にもつながるでしょう。

7.精神的ゆとりができる

整理整頓をすることで精神的ゆとりができることもメリットです。

私たちは情報の8割を視覚から得ています。

ごちゃごちゃと不要なものに囲まれる生活は、

それだけでストレスの源となりうるのです。

不用品を処分し、身の回りがさっぱりと片付くことで、

こうしたストレスを根本から断つことができます。

また、不用品を捨てることはものへの執着をなくす訓練でもあります。

さらに、頂きものや思い出の品を処分することは

過去の人間関係の整理になることも。

余計なものを捨て、

本当に必要なものだけを手元に残すことで、

家のスペースだけでなく

心にも新しいもの事を受け入れる

余裕が生まれるのです。