掃除には道具が必要です。どのような道具が必要になるのかチェックしておきましょう。

掃除機

ホコリや小さなゴミを掃除するなら、

掃除機があると便利です。

ワンルームなどの場合はハンディ掃除機でも良いでしょう。

雑巾

水拭きをしたり乾拭きをしたりと、

とても重要な道具です。

いらなくなった布やタオルなどを使ってもOK◎

ハンディモップ

棚の上やテレビなどの高いところの汚れやホコリを落とすのに便利です。

使い捨てシート

日常の軽いお掃除なら、

使い捨ての掃除シートを使うのもおすすめです。

スポンジ

キッチンや浴室などの水回りを掃除する際は、

スポンジが必要です。

一般的なスポンジの他に、

メラニンスポンジも用意しておくと便利です。

ブラシ

トイレや浴室のガンコな汚れや、

スポンジでは落とせない汚れを落とすのに必要です。

洗剤

基本的に汚れの性質に合わせ、

中和させて落とすのが基本です。

そのため、洗剤は落としたい汚れを

中和させられるものを選ぶ必要があります。

ただし、掃除する場所の素材によっては向いていないこともあります。

事前に掃除場所と洗剤の相性を確認しておくようにしましょう。

 

【アルカリ性洗剤】

酸性の汚れを落とすことができます。

キッチンの油汚れや皮脂汚れなどが、

酸性の汚れにあてはまります。

 

【中性洗剤】

付着したばかりの汚れは、

中性洗剤で落とすことができます。

日常のこまめなお手入れに使うのがおすすめ。

皮膚にも比較的やさしいので使いやすい洗剤です。

 

【酸性洗剤】

アルカリ性の汚れを落とすのに必要なのが酸性の洗剤です。

キッチンの水垢汚れやトイレの尿石などを落とすのに向いています。

 

【漂白剤洗剤】

ガンコなカビ汚れに使える洗剤です。

薬剤が強いため、取り扱いには注意が必要です。

 

シンクなど、調理をするキッチンでは

強い洗剤を使うことにためらうかもしれません。

その場合は、重曹やクエン酸を利用してお掃除するのがおすすめです。

意外と重要!掃除の順番

どの場所も、掃除の順番を守ることで快適にすることができます。

上から下へ

高いところにも、ホコリはたまります。

そのため、床を掃除した後に

棚の上など高いところの汚れを落としてしまうと、

ホコリが床に落ちてしまい再び掃除することに。

そのため、掃除は、下(床)からではなく上から掃除をして、

最後に掃除機やフローリングワイパーなどで

床の汚れやゴミを取っていくのがおすすめです。

奥から手前に

床にモップや掃除機をかけたり、

ワックスがけをしたりする際は、

部屋の奥のほうから掃除していきましょう。

出入り口付近からかけてしまうと、

掃除したところが再び汚れてしまうこともあるからです。

特にワックスがけは、

手前からやってしまうと、

ワックスが乾くまで部屋から出られない…

なんていうアクシデントにつながってしまうことも。

日頃から「奥から手前に」を意識して掃除することをおすすめします。

キッチン掃除の仕方

キッチンの普段の掃除は、シンクとコンロを掃除すればOKです。7

食器を洗ったあとに、食器用洗剤とスポンジでシンクの中を掃除します。

最後に水で洗い流したら、布巾またはキッチンペーパーで水気を取り、

水垢やカビ汚れがつかないようにしましょう。

コンロも、吹きこぼれや油汚れを布巾または

キッチンペーパーで拭き取ります。

使い捨てのキッチン用掃除シートを使うのも便利です。

 

キッチンをしっかりと掃除する際は、

レンジフード(換気扇)も行います。

油汚れが多いため、レンジフードの部品やガスコンロの部品は、

アルカリ性洗剤につけおきして、ガンコな汚れを落としましょう。

いかがでしたでしょうか?

為になることをどんどんのせますので見てください!